【新機能】YouTubeから視聴者が直接ショッピングができるように



YouTubeが新機能「ブランド・エクステンション」を発表

YouTubeは2021年5月5日、YouTubeをよりショッピングしやすいプラットフォームにするための、広告主を対象とした新しいインタラクティブ機能「ブランド・エクステンション」を発表しました。

これにより、YouTubeの視聴者は、YouTubeの視聴を中断することなく、画面上のボタンをクリックするだけで、画面に映った商品やサービスの詳細を知ることができるようになります。この新機能は、アメリカで試験的にスタートしていましたが、今年の後半には世界各地で提供される予定です。日本でも近いうちに、この機能が使えるようになるはずなので、動画マーケティングのためにアンテナを張っておきたいですね。


(↓どのような機能かは動画内で紹介されていますので、ご興味のある方はご覧になってください)

この新しい広告フォーマットでは、自社の「ウェブサイトのリンク」や「お問合せボタン」を強調することができます。


視聴者は、お問合せボタンをクリックすると、視聴を中断することなく、そのプロモーションやURLをモバイル機器に直接送信することができます。

モバイル端末でも、商品の閲覧、カートへの商品の追加、取引の完了など、通常と同じようにウェブサイトを利用することができますし、商品情報を見たいと思ったときに、動画をわざわざ中断することなく、その情報を見ることができます。


これまでは、視聴者側が気になる商品やサービスがあっても、視聴を中断して企業URLのリンクを探さなければいけなかったので、離脱してしまうことがありましたが、このサービスによって、従来よりも自社へのアクセスを促すことができるようになるでしょう。


例えばEコマース広告の場合、ブランドは動画広告に商品画像を追加できるようになり、興味を持った視聴者が気軽にクリックして、自社のウェブサイトやアプリにアクセスしショッピングをより促すことができるようになるわけです。


またYouTubeによると、広告主側は、これらのブランドエクステンションによって発生したコンバージョンを、Google Adsで直接測定できるようになるとのことです。


参考:YouTube is the Main Stream: Highlights from the 10th Annual Brandcast Delivered (blog.youtube)



多くのビデオショッピングサービスが誕生している

YouTubeでもEコマースが拡大していくことは前述のとおりですが、現在多くのプラットフォームでのビデオショッピングサービスが誕生しています。


TikTokは動画を使ったEコマースの本拠地となっており、統合リンクやShopifyとの統合などにより、動画の視聴者をウェブサイトに誘導するツールを充実させ、Eコマースでも成功を収めています。他にもPopshop Live、NTWRK、ShopShops、TalkShopLive、Bambuserなど、いずれもビデオショッピングサービスのプラットフォームです。Facebookも、FacebookとInstagramの両方で、ライブショッピングや動画を使ったショッピングに投資しています。

Walmart(トランプ大統領が売却を強行しようとした際に、このアプリの株式を取得しようとしたこともある)はここ数カ月で複数のショッピングライブストリームを開催しています。

参考:A new YouTube feature will make its connected TV ads more shoppable | TechCrunch



YouTubeマーケティングは必須

今回は今年中に世界でスタートが始まるYouTubeの新機能「ブランド・エクステンション」をご紹介しました。これによりYouTubeの視聴者は、YouTubeの視聴を中断することなく、画面上のボタンをクリックするだけで、気軽に画面に映った商品やサービスの詳細を知ることができるようになります。その為、商品やサービスの提供側にとっては、よりYouTubeを通して自社の魅力を多くの方に知ってもらえるチャンスが増えることになります。

現時点ではまだ日本では使用できない機能ですが、今年の後半には世界各地でサービス提供が始まるとのことなので、今後が楽しみですね!


YouTubeなどの動画コンテンツ(映像コンテンツ)を利用した動画マーケティングは、企業の商品やサービスの紹介・説明が効果的にできるので、ビジネスを拡大するチャンスが増えます。

以前のブログでご紹介した通り、YouTubeは、月間ログインユーザー数が全世界で20億人であり、小さな子供用、学生、社会人、リタイアした人まで幅広く楽しめる動画作成代行が揃っているため、年齢層の幅が最も高いプラットフォームです。そのため、YouTubeには無数のマーケティングチャンスがあると言えます。さらに今回の新機能によってよりそのチャンスは加速していくと思われます。

このチャンスを逃すことがないよう、YouTube動画によるマーケティングを積極的に行うことも一つの方法でしょう。



海外市場向けYouTube動画作成します

TAMAKI CONSULTINGでは海外市場向けのYouTube動画制作を行っております。


海外市場の趣味嗜好に合ったデザインと音楽、メッセージを添えて、サービスや商品を魅力的に魅せる動画を作成しております。


参考動画:JAPAN| Cinematic Online Travel Video



目的:日本文化を海外へ発信

ターゲット:自粛期間でオンライン旅行を検討している英語圏の方


内容:

1分の短編動画の中に日本文化独特の静けさ、詫びさびを感じる映像で、オンライン上での旅行サービスへ呼び込む動画になっております。英語圏の方に受け入れられやすいように、テキスト量は極力抑えシンプルにし、音楽と映像をシネマ風に加工しております。


今後も動画マーケティングやWeb広告バナーなど海外マーケット向けの情報を随時更新していきますので、よろしくお願い致します。